スポンサーリンク

ロバート・アレンの実践億万長者入門の評判と口コミを書いてみた

今回FXトレーダーにおすすめしたいFX本はトレード手法にについて書かれている本ではなく、FX以前に必要なお金を稼ぐことに対しての基礎的な事が描かれている本です。7つの習慣のスチーブンコヴィーや金持ち父さん貧乏父さんのロバートキヨサキ、1分間マネージャーのケンブランチャードが進めている本です。
タイトルは『ロバート・アレンの実践億万長者入門 ― 生涯続く無限の富を得る方法』ロバートGアレン著 今泉敦子訳 神田昌典監修
画像は自分が買った本です。これは2002年発売の本で当時発売されたばかりのときに買ったので初版です。まだ帯がついてますね。

これは年に何度か読みなおす大事な本でFXだけでなくお金を稼ぐことに対しての大事な気持ちをおもいださせてくれます。
最初の章で毎日1ドル積み立てながら20%で運用していと32年で100万ドルに!10ドルだと20年で100万ドルに!というグラフをみて複利ってすごい!と当時学生の自分は大感動したことを覚えています。そして読み進めて行くと自分がお金を稼ぐということの基礎になった大事な2つのことが出てきます。
■お金の価値を知ること 本の中で次のようなリストがあります
  • 働くことの重要性:自ら稼いでこそ、その価値がわかる
  • 慈善活動の重要性:最初の10%は与えよ
  • 貯蓄の必要性:次の10%は自分に支払え
  • 説明義務の威力:1セントに至るまで使徒を明らかに
お金の価値というのは自分で稼いでこそわかるものです。どれだけお金を稼ぐことなのが大変なのかと言う事を知ることは実際に自分で身体や頭を使っていかなければわかりません。
そして頑張って稼いだお金を慈善活動に使う。用は募金をするということについて何故大事なのかというと、お金を稼ぐことに目がくらんで視野が狭くなってしまう事を防ぐことです。自分の為じゃなく人の為に使うと言う事は欲に溺れずお金で失敗することを防いでくれます。
貯蓄の必要性は貯金をしろと言う事ではなく、自分に投資するという意味です。自分に投資することで寄り自分の価値を上げて魅力的な人間になることでお金以外にも多くの人が集まることだと思っています。

説明義務の威力に慣れてくるとお金の使い方だけでなく、時間の使い方など無駄が無くなって行きます。そして本当に無駄な出費が減って行き自分に必要なものとは何かという選択ができるようになります。
■チャレンジすることが何故大事か 後半に書いてある文章でいくつか好きな言葉があります。
  • やる価値のあることは、間違っても価値はある
  • 反省する時間を持つ
  • 急がば回れを実践する
この3つはそれぞれ独立して書かれているのですが自分は組み合わせて考えています。
やる価値のあることは間違っても価値はある。結果間違っていて遠回りしてしまっても、しっかり反省して進んでいけば、それは最終的にゴールに繋がるはずだ!という感じです。
無駄な努力と思ってしまって諦めてしまったらそこで無駄になると思います。しかし、きっとこの努力は今は使えなくてもいつか役に立つはずだ!だからしっかり反省し次回への改善にして行くということが大事だ!と思います

自分は今まで20個以上さまざまなブログを作成しました。周りからは作りすぎだよ。またなの。。と言われていましたが諦めずにチャレンジをし続けてやっと今のFXブログの形にたどり着きました。今は周りから好評な意見をいただきそれが非常にモチベーションに繋がっています。

■まとめ
今回FXトレーダーにおすすめしたこの本は、FXだけでなくそれ以外の投資について勉強をしたい。と思えるものだけでなく、考え方自体はそのまま仕事や勉強にも応用できるものとなっています。

amazonのレビューも好評なのでそちらのレビューも一度読んでみてはいかがでしょうか
ロバート・アレンの実践億万長者入門 ― 生涯続く無限の富を得る方法


スポンサーリンク