スポンサーリンク

FXブログが本当にトレードしているか見極める3つ方法

FXブログを書いている自分への自戒も込めて今回の記事を書いています。1年後自分がこのブログを読んだ時に、「あ。。。俺のことじゃん」と思うか「俺は変わっていない!」と安心するかどちらでしょうか。

世の中のFXに関するブログがアクセスする人にやさしくなるサイトになればいいなと思います。

ちなみにこのブログも広告は掲載してます。だって1記事あたり調査からはじめてアップまで1時間かかるんだもん。せめてジュース代ぐらいはいいじゃない☆という前提を踏まえた上でどうぞ

■その1:アクセスした瞬間に見極める方法
一番最初に目に入るのが広告がある。さらにひどい場合はアクセスして開いたページがスクロールしないとすべて広告宣伝で埋まっている。

情報を発信したいというより、お金を稼ぎたいサイトです。一番最初にアクセスした人に見てもらいたいのが広告というブログなので信頼性が低いです。

■その2:文中に広告が入っている
これが結構いるんですよ。クリックするだけで広告費を貰えるサービスも多いのです。そこで文中に広告を入れ込んでクリックさせてお金を稼ぐという方法があります。文章と関係あるサイトへの飛び先ならいいんですが、全然関係ない広告が入っているブログもありますね・・・・。

■その3:おすすめFX会社ランキングが順位がコロコロ変わる
これはFX会社の広告収入の価格が意外と変わるのです。そこで利益の大きいやつを上位にいれて稼ぐという方法ですね。ブログにとってお金がもらえるおすすめランキングになっているだけなのでこれもチェックポイント

逆に1つのFX会社だけをひたすら紹介しているサイトのほうが信頼度は高いと思います。毎回チェックしてて更新内容を紹介していれば実際に使っているだろうから

ちなみにFXCMジャパン証券(東京)は本来の約定レートとは異なるレートで取引が成立するといったシステム障害が、最近1年間で18件もあって行政指導食らっているのでここを紹介しているブログはあっさり切り捨てていい 

■上記に該当するブログを広告を減らして読む方法
RSSリーダーに登録することで更新した記事だけを通知するサービスがあります。これを使えば本文だけが別のサービスに配信されるので煩わしい広告をみるのを減らすことができます。
RSSについては紹介した記事はこちら:FXブログを毎日書くための情報のネタ集めと整理術

■FXブログを書く人へのアドバイス
サイトを開いたらメインの記事をすぐ発見できるようにしよう!レストランのメニュー見て1ページ目に他社の広告があったらいやでしょう。

リンクは少なくしたほうが利用者が悩まないのでクリックしてもらえます。読んで欲しい本当の記事に誘導することができます。できるだけ別のURLに飛ぶようなリンクは掲載しないほうがいいです

googleなどの検索エンジンはユーザーにやさしいページを上位にあげていきます。最近特にこの傾向が強いです。無駄にキーワードの羅列をするとスパム扱いされて順位が下がります。googleのエンジニアは天才揃いですので絶対に勝てないのでまじめにページを作りましょう。

ブログパーツは必要のないものは外そう。沢山設置するとアクセスしてからページが開くまでが非常に重くなります。検索エンジンはページの読み込み速度を結構重視しています。これやめるだけで順位上がったりします。

■FXブログはFX以外で稼いではいけないのか?
卵は一つのカゴに盛るなはトレードの基本的なこと。だからFXトレードする人がトレード以外にお金を稼ぐことはむしろ必然だと思います。とは言え優先度が変わっては意味がありません。

トレードブログにかぎらず、ブロガーさんはこれを機会に自分のブログの広告を見なおして、ユーザーさんに優しいレイアウトにしませんか
スポンサーリンク