スポンサーリンク

移動平均乖離率で逆張りを仕掛けるためのMT4インジケーターkairi.mp4

本日ご紹介するMT4インジは逆張りトレーダー必見かも知れない。移動平均かい離率で天底掴むやつでございます。

逆張りって早い話すげー早いタイミングでトレンド転換を狙うので頭を取る順張りトレーダーですよね。ふと思っただけです。とりあえずご紹介します。

移動平均乖離率を表示するkairi.mp4

まずはこちらのMT4に移動平均乖離率のインジケーターを設定した画像を御覧ください。


勘違いしないで欲しいので最初の注意です。

この中で移動平均乖離率のインジケーターkairi.mp4は下段の青い線だけです。それ以外の赤の水平線もオレンジの丸もピンクと赤の矢印は自分が引きました。

この青い線は移動平均線からどれぐらい為替チャートが離れたかというものを線グラフで表しています。これ自体が移動平均乖離率ですね。

下段の真ん中の点線0.00ラインがちょうど移動平均線と重なる感じですね。
※上段の為替チャートに移動平均線をサンプルで引くの忘れました。。


移動平均乖離率を使ったFXでのトレードの使い方

乖離するとだいたい同じあたりで反転してくるのでそこにmt4のツールを使って水平線を引きます。トレンドラインを引く感覚でOKです。だいたいそこがサポレジになるのです。


オレンジの丸を上下で対比するとだいたい同じ位置ぐらいで反転しているのがわかると思います。このポイントで逆張りを仕掛けるわけですね。でもそれだけだと騙しの可能性もあるのでもうちょっと確率を上げるために右側の矢印を引いておきました。

0.00の中心線から赤い矢印とピンクの矢印の長さが違うのがわかると思います。これはどっちにどれだけ離れやすいかをわかりやすく自分が線を引いてみました。

今回のチャートの場合は赤いほうが長いのでSで入るよりも毎回買いのポイントだけで入ったほうが確率的に稼げるわけです。

でもまあ突き抜けて、騙されている部分もありますがね!そういったときは素直に損切りしてまた買いで入ればいいだけの話です。

いろんなインジがありますが移動平均乖離率ってわかりやすいのでFX初心者さんはこういった名前的にも馴染みのあるものから慣れてみるのがいいと思います。

kairi.mq4はこちら右クリックで保存

MT4で日本時間のインジを使っている人がいると思いますが、日本時間対応のMT4が有りますのでツールで修正するよりもこちらのほうが正確なのでおすすめ
インジなしでメタトレーダー4を日本時間で表示する簡単な方法

その他のMT4のインジケーターおすすめ集を見る

メタとレーダー4のインジケーターやEAを自分で作りたい人におすすめ


  • FX本のiCustom(アイカスタム)で変幻自在のメタトレーダーの評判を書いてみた

  • こんなFX記事も書いてます


    スポンサーリンク