スポンサーリンク

FXの実力を判断するレベルにプロフィットファクターを使ったらどうだろうか

FXや株式投資などをやっていると一人で悶々とした作業になりますよね。自分の実力を判断する方法として利益はもちろんのこと勝率・利益率なんかも使っていると思います。

しかし、このへんは本当に波があるのでどうしても経験値を積んで実力が上がった!とはいえないと思うのです。ドラクエでLV1の時にたまたまメタルスライムに出会ってたまたま会心の一撃がでて倒せちゃった!っというとすごい経験値が貰えるわけですが、すげー運があっただけというお話になるわけです。

FXでいうとたまたまロングしてみたら介入が入ってアホールドで稼いじゃった!みたいな感じです。そんな訳で自分なりに何を指標にして行こうかなと思っていたらこんなのを考えてみました。

■レーティングにプロフィットファクターと呼ばれる通称PFを使う

ダーツにはレーティング表というものがあって1回に3本投げるんですがゲームによって1回あたり何本刺さったかというようなその人の実力を計る数値があります。

この考えを元にFXでも同様の発想で自分の実力を測る基準を作っておけば過去の自分とどれ具合成長できたかわかるんじゃないか?と思ったわけです。そこで指標となる数値をいくつか考えてみました。

・平均損益
・平均勝敗率
・プロフィット・ファクター
・リストレーション・ファクター
・リライアビリティ・ファクター
・リスクリワードレシオ(RR)

などなどありますが一番わかり易いのが利益/損失で計算するPF(プロフィットファクター)なのではないでしょうか。リスクリワードレシオでもいいんじゃない?って思う人もいると思いますが1回あたりの利益を突き詰めるのではなく複数回のトレードで成長しているかどうかを判断したいのでここではリスクリワードレシオは使いません。損小利大を目指したい人はこちらを基準にしてみてもいいと思います。

■試しにFXのレーティング表を作ってみました

1.0以上のDからが損益分岐点となります。ので利益が出るのはD+からですね。

  • S+:2.8
  • S:2.6
  • A+:2.4
  • A:2.2
  • B+:2.0
  • B:1.8
  • C+:1.6
  • C:1.4
  • D+:1.2
  • D:1.0
  • E+:0.8
  • E:0.6
  • F+:0.4
  • F:0.2

シストレなどでは2.0位だと優秀と言われているので、こんなかんじで10回トレード毎のPFと今までのトータルのPFを計算してメモっておけば自分の調子の善し悪しがわかると思います。

自分で運用していくので自然と数字が変わっていくかもしれませんがご了承ください。


スポンサーリンク