スポンサーリンク

これでダメなら諦めろ!ポジポジ病を治すためのポジれポジれ療法

FXを始めるとついつい楽しいのでポジポジ病にはまってしまう人が多いです。特にFX初心者の人に多いですよね。無意識にスリルを求めている可能性もあります、そうすると完全にポジポジ病依存症への道まっしぐらですね。ギャンブラーと同じ状況でございます。そこで今回はFXのメンタルを強化するためにポジポジ病を回避するためのポジれポジれ療法をご紹介します。

■FXのポジポジ病はやりたいからこと治らない

ポジポジ病はとにかくポジションを持ちたいなという希望的な部分から発生します。ようする我慢ができないことが問題なんですよね。好きな事はいくらでもやっていたい!!だからついついやってしまう。でもやらなければいけないことっていうのはなかなか続かないですよね。

例えば禁酒をしなければならない。ゲームを辞めなければならない。好きだからやめられない。そこで対策として次の方法をご提案します。

■ポジれポジれ療法をおすすめします!

ポジれポジれ療法ってなんだよ!って思うかもしれませんがまあ自分が作った造語なので検索しても出てこないと思います。

要するに好きな事を強制的に無理やりやらせる方法でございます。

例えば、好きな酒を無理やり大量に飲まされる。ゲームも◯時間以上は絶対にやらないとダメ。とか言われるとします。好きなことを強制されるのってすごい嫌ですよね。そんなことを繰り返していくと興味がなくなっていきます。

そこでFXでポジポジ病にかかってしまっているなら、毎日決まった回数エントリーしなければいけないっというルールをつくってソレを運用していくんです。そうすることでエントリーに対して注意がとっても働きますし、強制的にエントリーしなきゃいけないならしっかり考えてエントリーしなきゃってなります。

じゃあ何回ぐらいが適正なのか?ってところですが、自分は3回ぐらいがちょうどいいかなって思っています。3回なら1日無理なくエントリーできると思いますし、1回1回しっかり分析してエントリーもできるし、収支計算もし安いし、トレード日記も書きやすい。

そして3回エントリーするまではずっとFXのことを感がていないといけないっという無意識にFXを勉強するメンタルを構築することができます。

こんなかんじでFXのメンタルを強化していけばポジポジ病も無意識に治っていくのではないでしょうか

その他のポジポジ病の治し方はこちら
ポジポジ病も治る!利確ポイントと損切りポイントの決め方


スポンサーリンク