スポンサーリンク

トレンドラインを引く時はヒゲを無視するようにした

トレンドラインを引く時にルールとしてローソク足のヒゲを無視するようにしました。その時間で最終的に確定した高値と安値を意識するということです。

ローソクのヒゲを無視をすることで変わったこと

ラインが引きやすくなった。よりシンプルに考えられるようになった。ストップ位置を明確にすることが出来る。こんなかんじでしょうか。

まあヒゲで引いても同様の効果があるんでしょうが、一瞬で付けられた高値とかだまし的なところがあるなーって思うようになって、だましはもういややねん!ってなったからですね。逆にローソク本体だけで見るようになって本当に守りたいところが個々のポイントかなって思えるようになりました。

だからそのラインで引くと結構その後のチャートでその本体の価格をアタックして超えないヒゲが出来たりするんですよね。

あと横横の時に価格割った割れないがヒゲだと多いんですがローソク本体だけで見ていると抵抗線になってたりするんで結構振り回されない気がします。

あくまでラインを引くときに関してなのでローソクの形を見る時はヒゲも重要視しています。トンボとか墓石みたいなの名前忘れたw

まあこんなかんじでコツコツ考えながら淡々とこなしていきたいなと思います。

よりシンプルに作業トレードを目指して頑張ります。

こんな記事も書いてます。
FXのサポートラインとはレジスタンスラインにもなる
FXでトレンドラインや水平線を引く時の大事な2つのこと
FXローソク足のヒゲだけで簡単にトレンド転換が予測できる!
スポンサーリンク