スポンサーリンク

半年でFXで100万円稼いだ看護師が初のロスカット

FXを始めて3年目になります。普段は看護師として働いていますが、この免許だけでは一生涯働く事も出来ないのでいつかお婆さんになってもお金を楽しみながら稼ぐ事が出来るように投資を始めました。

始めに株をしましたが、次いでFXをするとあっという間に虜になりました。24時間、ほぼ休む間もなく取引が出来る事にお金から自由になったと喜びました。今は31歳の事もあり生涯に稼ぐ事の出来る金額はまだ未知数だと思っています。普段の職業も安定して収入がありますので少々の危ない取引も許容範囲内でした。

しかし。元々は保守的で貯金が一番と考える性格でしたが貯めるだけは脳では無い事に気が付いて積極的に使う事にしました。結局使う事も結果としてお金を稼ぐ事でした。始めたのはSBI証券で6月からでした。

半年の12月には100万円を稼ぐ事が出来ました。簡単に言えばビギナーズラックです。そこで辞めるのも選択肢の一つでしたが、そのまま続けました。私はお金を稼ぎたいのではなく市場の波に乗って長年継続してトレードをする事を目的としていました。翌年、そうこうしている内に80万円もの損失を抱え、損切りとして確定しました。

しかし、その年も年末には100万円の儲けを出して終える事が出来ました。そして今年、初めてロスカットにかかりました。元は調子に乗ってIFDトレードで指値をかなり入れた状態でボックス圏内から逸脱し、反対に動いてしまった事に対して30単位300万円の含み損を抱えました。レートはなかなか戻さない中、450万円の種銭は直ぐに必要でもないお金ですのでずっと置いておけば、4年でSWで巻き返せると考えて放置していました。

しかし、中国のバブル崩壊で急にレートが動きました。またしても反対方向です。気が付けば300万円のロスカットにかかっていました。それでもまだ単位は残したままです。そのまま残りも自分で損切りしました。総額500万円です。

200万円の儲けに対して500万円の損失決定。実質マイナス300万円です。それでも辞めるつもりはありません。まだ、人生の中頃ですので取り返す術はまだまだあると考えています。この様に考えてしまうのは自分の中のギャンブル性が目覚めたと思いますが、生活費や将来のお金に弊害が出るまでは自分で稼いだお金ですのでしっかり向き合おうと考えています。まだまだ辞める訳にはいかないと考えています。お婆さんになってもゆったりFXに向かえるように練習中です。

SBIのFX会社公式サイトを見る
スポンサーリンク