スポンサーリンク

30代後半のサラリーマン株式投資からFXのビキナーズラック

「FXで○○万円稼ぎました。」なんて声、聞いたことありませんか?私もそんな声に興味を惹かれ、実際に始めてみました。でも、実際に見ると聞くとでは大違い!何も知らずにやっているといろいろと大変なことがありました。

そんな体験をまとめてみますので、FXを始めようと思っている方はもちろん、少しでも興味があれば見てみてください。

私は30代後半のサラリーマンです。銀行にお金を数年預けても微々たる額しか増えないし、もっと増やす方法はないかと投資を考えました。株式投資も少しやりましたが、取引時間が限られていたし、それなりの初期投資があったほうがいい部分がネックでした。

その点、FXは取引時間も長いし、少ない初期投資で始められるし、多少興味もあったので始めることにしました。初めはビギナーズラックというか、あれよあれよという間に投資資金が倍になりました。

チャートは株式投資を経験した時になんとなくわかるようになっていたので、ほとんど経験と勘を元にです。でも、そんな状態は長く続きませんでした。

FXは海外通貨を安く買って高く売ることにより利益を出し、例えばUSドルであればアメリカの経済事情に左右されます。各種指標が日々発表されるのですが、中でも月1回発表される雇用統計は発表前後に激しく価格変動することで有名です。

私はこれを知らずにUSドルを保有し、このタイミングで急激な価格変動をまともに受け、一夜というか一瞬の間に倍となった資金が元に戻りました。それ以降はやることなすこと裏目に出て、投資金も半分位になってしまいました。FXには売値と買値に差があり、この差をスプレッドといいます。

USドルを買う時は120円で、売る時は119円だとするとスプレッドは1円ということになります。これは手数料となるため、この差が少なければ少ないほど余計な費用がかからなくなります。私が使用しているGMOクリック証券では、米ドル/円であれば原則固定の0.3銭のスプレッドとなっており、売値は120.584円、買値は120.587円という感じです。

証券会社を選ぶときにはこのスプレッドや扱っている通貨の種類などから判断するのがいいと思います。

私は通常のFXに加え、バイナリーオプションというものもやってみました。GMOクリック証券では外為OPという名前で扱っています。これは簡単に言うと、数時間後の相場が一定の金額から上がるか下がるかを選んで投資するものです。

通常のFXでは保有期間は自由ですが、バイナリーオプションの場合は時間があらかじめ決められているため、その時点で損得が判明します。通常のFXに比べ短時間で結果がわかり、利益も場合によっては多くなります。ただその分、リスクも高くなりますので選ぶときには慎重に。

どれを選ぶにせよ、やはり勝つためのルールは損切りをきちんと行うことでしょう。いつかは上がるだろうと思って損切りせずに持っていたらマイナスが広がったことが多々あります。

次こそはと思っても、なかなかうまくできなくてトータル的には正直かなりのマイナスです。。。FXで勝つためには勝率がいかに高くても、数回のマイナスが大きければトータルはマイナスになってしまいます。

経済指標を確認し、チャートから総合的に判断し、ヤバイと思ったら早めに損切り。バイナリーオプションでも勘だけでなくしっかりした判断根拠を持って選択する。言うのは簡単ですが、これらをしっかり守ってプラスを積み上げるのが勝ち組への近道なのかもしれません。

甘い話はありません。しっかり知識を磨き、強い意志でルールを守って、FXで稼ぎましょう!
スポンサーリンク