スポンサーリンク

FX稼げる人はやっている!ポジションクローズ後のチェック

FXトレードでエントリーしてクローズ(損切り・利確どちらでも)すると思います。クローズするとふぅぅ疲れた~~~!!っと緊張が一気に溶けて、リラックスモードになりますよね!じゃあ風呂にはいるかぁ~であったり、ネットで遊ぼうかななどなど人それぞれあると思います。

でもちょっとまった!それで終わっちゃダメなんです。クローズしてから大事な事があるんです!

■無駄な損切りをやる理由、損小利大ができない理由

エントリーの天井Lや底Sはトレードのスタート地点なので、ポジション持ちながら反省&検証を頑張ってやります。しかし、クローズした後は、リラックスモードになるので、クローズポイントが天井や底に達した素晴らしいトレードだったかを見極めずになあなあになりがちです。

ただただ「まだ持ってればよかった」「クローズしてよかった」程度の感想で終わってしまいます。クローズタイミングの精度を上げることで、今後の利益は大きく伸ばせるし、無駄な損切りを減らせます。

損切りの場合は痛い思いをしているので、反省は出来ると思いますが、利確の場合は利益が出てるので、このままだと利確の精度が上がらず損小利大を目指すことは出来ません。

■自分のクローズポイントがトレンドの終了かを見届ける

エントリーは当然ですがクローズもしっかり意味がなければいけません。「結構利益が出てるしもういいかな利確ぽち」これは最悪・・・・。頑張ってルールを守ってエントリーをしたのに、ルールのない利確なんてだめすぎです。最後まできっちりルールを守りましょう!

きっちりルールが守れてポジションをクローズできていれば今度はそのポイントが本当に正しかったかを検証しないといけません。その検証は誰でも出来ます。トレンドが反転したかどうかだけです。

FXの利益はトレンドが始まった時にエントリーしてトレンドが反転してクローズとなります。(レンジもレンジ内のトレンドということです)なので、トレンドが反転したのを確認できればそのクローズは成功。反転しなかったら失敗となります。

■クローズが正しければ逆ポジをたててさらに稼げる

トレードでクローズした時は反対トレンドが出た時なので慣れてくればクローズしたポジションの逆を立ててさらに利益を伸ばすことができます。クローズタイミングがそのままエントリータイミングとなります。

慣れてきたら両方取れるトレードが出来るようになりますので積極的にクローズ後のエントリーを意識して行きましょう。


スポンサーリンク