スポンサーリンク

全力でマーケットの魔術師のレビューを書いてみた!

FXで絶対に読まなければいけない本。それがジャックDシュワッガー著のマーケットの魔術師。あいかわらずパンローリング社の本ですね☆

そのマーケットの魔術師の中でも通称青本と呼ばれている『マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣』今回はこちらについて紹介しようと思います。



しかしこの本はページ数が449ページと非常に厚いだけでなく、パンローリング社の他の本の文字サイズが2/3ぐらなので、文字数も内容の濃さもぎっしり!それを1つのレビューとして書くとこっちもボリュームが必然的に多くなってしまいます。

そこでマーケットの魔術師のレビューについては何回かに分けて紹介していきたいなと思っています。今回は本のざっくりした概要と本の読み方をご紹介します。



■初心者は読まないで!マーケットの魔術師

まず最初に、FX初心者はまず他の本を読んでください。いきなり読んでも理解できないと思います。手法については一切書いていません。これを期待して読むと時間の無駄になります。

FX初心者の方は別の本を読んでください。ある程度成長してから読んだほうが理解のスピードが早いです。別のブログ記事で書いたFXおすすめ本はこの2冊!あとは買うな!という記事を書いていますのでそちらをチェックしてからでも遅くはありません。

■マーケットの魔術師はトレーダーの体験記です

16人のトップトレーダーのインタビュー記事をまとめた本です。先物と通貨、株式市場といった複数の市場ごとのトップトレーダーのインタビューが書かれています。

FXトレーダーからみたら通貨の部分だけしか役に立たないのかな?って思われるかもしれませんが、この中で一番好きな記事は株式トレーダーのマーティーシュワルツさんの記事が自分としては一番のお気に入りです。

■マーケットの魔術師のおすすめ読み方

一人の記事が大体30~40ページぐらいなので本は全体のつながりがありません。そのためほんのどこにどの内容が書いてあったかを思い出すのは至難の業です。そこで役に立つのが付箋です。とにかく気になるところにペタペタ貼っておきましょう。実際に写真に取るとこんな感じです。



インタビュー記事なので読む人によって響くポイントが全然違うし、自分の経験によって大事なポイントがバンバン変わっていきます。そこでやりたいな~まねしたいな~って考え方の部分に付箋を貼っておくと、「できるようになってた」「やっぱりここ大事だよな」っといった感想を読みなおした時に持つことができるので非常におすすめ

■自分に似ている魔術師を探そう

さすがに16人入れば自分に似ている魔術師、自分が目標にしている魔術師が出てきます。ただ読むだけだと自分のトレードに活かせませんが、最初から目標にしたい人や自分にいている人を探すぞ!っという気持ちで読んでると「自然とこの人は何が言いたいんだろう」「自分トレードに活かせるかな」と考えながら読むことができます。


■魔術師の共通点

全員に共通とはいえませんが殆どの人に共通している点が以下の2つ

・大損をしている
・トレード記録や日記をつけている

どんなにカリスマトレーダーやスーパートレーダーでもこの2つが登竜門となります。

自分の周りのFXトレーダーや個人トレーダーが自分には才能がない。と言って嘆いています。自分も安定的に稼げるまでは本当に自分にはFXの才能がない。と嘆いてました。

しかしどんな人も最初は損をしてそれを記録することで反省して次のトレードに活かすというステップを踏んでいるわけです。最近ではこう考えるようになりました。

才能がない=努力がまだ足りない

自分が納得できるまで頑張ったか、本当にやれることはやりきったかというのを自分に問いかけてください。そしてこの本で大金を掴んでいる魔術師と同じぐらい、いやそれ以上に努力をしたと言えるのかと心に問いかけてください。

結果はNOだと思います。

この本で見つけた自分と似ているトレーダーを追いぬくぞ!という気持ちを持ちながらFXやトレードに励んでほしいです。

次回は自分の大好きなマーティーシュワルツさんについてレビューしたいと思います。本の内容にあまり触れてないのにレビューのボリュームがここまでだとちょっと連載記事になってしまう。。。

気になる人は以下からチェックするといいと思います。amazonの中古なら1000円ぐらい安く販売されてました。※ブログを書いた当時

こんな記事も書いてます
FX本おすすめ初心者が読まなければいけない本とは
スポンサーリンク