メンタル

今日出来るFXのポジポジ病を克服するかんたんタスク管理

FXのポジポジ病を克服するために何をやればいいんだろうか・・・。メンタル強化剃る方法は・・・。わかっているけどやめられない。止まらない。そんな人のために自分がやっている今日からできるカスク管理方法をご紹介します。

■ポジポジ病の原因は時間管理ができないから

治すために一番いいことはチャートを閉じてトレードを終了することです。ようするにこれをどうやってうまく次の行動に持っていくかということが課題となります。

そこで携帯1つで誰にでも出来る方法があるんです。それは携帯のアラーム機能を使うことです。

■まずはアラームを3つセット使用

携帯のアラームはまずは次の3種類をセットしましょう。

・お風呂に入る時間
布団に入る時間
・寝る時間

これは寝るまでに必ずやらなければいけません。寝る時間とお風呂に入る時間は大体の人が間が開くと思います。これらをアラームをつかって毎日同じ時間に入る習慣を作るんです。

そうすることで何が起きるか、決まった時間の行動が習慣化してくるとそれを行わなければいけないので必然的にそれに合わせたトレード時間のコントロールが出来るんです。じゃあ最初からトレードの開始と終了でタイマーとすればいいじゃないと思う人が出てくるかもしれません。でもそれではダメなんです。

終わる時間でアラームを鳴らすとあとちょっとだけ・・・という悪い誘惑に敗けます。これを退治するには次にやることをきっちり習慣化することが大事なんです。

とはいっても最初はなかなか時間管理は難しいともうので誰でもやるお風呂に入る時間と寝る時間をアラームにセットするんです。

それは分かった。でも寝る時間と布団に入る時間は一緒でいいんじゃないの?っていう人!今回の一番のポイントはこれなんですよ!!

■布団に入る時間にアラームを鳴らすのが一番大事

これは直接FXに関係はないのですがストレスを軽減、睡眠の品質を向上するために方法です。

脳は電気を消してから1時間ぐらい興奮状態にあるので、深い眠りに入るのに時間がかかります。そこで寝る1時間前に布団に入るための習慣をつけるんです。
そして布団に入ったら部屋の電気を消して枕元にスタンドでもおいてあとは適当にダラダラ本を読んだり好きな事をしてください。
この1時間でまったり脳をやすめて自分のやりたいことをダラダラ布団でやることでストレスも解消できます。睡眠の品質を上げることでストレス軽減ができるのでトレードへのくよくよ感もきっちりなくしてから寝ることができます。
寝る前にネガティブなことを考えると刷り込まれてストレスが貯まります。ポジティブな状態で寝ることでストレス解消になります。こういうちょっとした事でメンタル強化が図れますのでぜひ今日からやってみてはいかがでしょうか

関連する記事でこんなのも書いてます。
ポジポジ病も治る!利確ポイントと損切りポイントの決め方
1分でできるFXポジポジ病診断

-メンタル
-

Copyright© FXメンタルトレード術を極めるぞ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.