スポンサーリンク

FXで損する人は為替相場の感度が高すぎる!

FXで損する人はアンテナを貼り過ぎでノイズまでキャッチしてしまう。だから損をしてしまうのです。相場の反応感度が良すぎるのが問題です。そこで今回ご紹介するのは相場の感度を下げてトレードをしましょう!っというお話です。

■為替相場の感度を下げるために出来る簡単な方法

相場への反応が早すぎるからついついエントリーしてしまう。そして利益に敏感だからすぐに決済してしまうから損小利大になるんです。っということは単純に相場への感度を下げればエントリー回数が下がるので騙される心配も減ります。

そこですぐに出来る事は見ている時間足を1段階遅くするんです。たったこれだけ。例えば1分足なら5分足にするとか、30分足なら1時間足にするとかです。時間足を遅くすると次のような効果が起こります。

同じ10pipsの動きでもチャートの描画が殆ど動かないので値動きが荒く見えない。同じ動きでも視覚的動きがかなり減るので冷静な視点でトレードすることができます。

■短期の移動平均線を消してみる

1桁の移動平均線はほとんどローソク足と同等の動きしかしないのであえて消す。そうすることで今まで注目できなかった長期の移動平均線に目が行きトレンドに乗ることができます。

■インジケーターを1つ消してみる

インジケーターを一つ消してみるっという手もあります。エントリーするときはなんでもいいので理由を付けたくなるものです。そうならないためにエントリーに使っちゃいそうなメインのインジケーターを削除して気分転換を測ってみるという手もあります。

自分にとって重要なものだと思っていても、実際に消してみると必要なかったというのはよくあります。ほんとうに必要かどうかは1週間程度消してテストすればいいだけです。

こうやって必要ないアンテナを削除することで本当に大事なアンテナが残ります。ぜひお試しあれ


スポンサーリンク