スポンサーリンク

なぜFX初心者はトレード時間を決めないといけないのか

FXはトレード時間を決めてやりましょう。そんなことをよく聞きます。でも何で時間を決めてトレードしなければいけないんだろう。っと思ったことありませんか?そこで今回はFX初心者がなぜ時間を決めてトレードしなければいけないのかをご紹介します。過去に書いたことありますが今回は別の切り口で!


■指標発表で死ななくてすむ

指標発表の時間は各市場ごとだいたい決まっている。ニューヨークだと21:30、ヨーロッパだと17:30っと言った感じにだいたいこのへんで指標が発表されることが多いです。時間を固定でやっていると指標の時間帯もある程度意識ができてトレードできます。

指標を意識しておけば発表前にポジションを立ててギャンブル的なトレードをしなくてすみます。危険なトレードから逃げることで損失を減らすことが出来るんです。

しかし、これが特に時間を決めずに適当にやっていたらどうでしょうか。FX初心者の人は指標発表の時間を調べる癖がついていないのでだいたい大きく動いた後になんでだろう・・・・。っと思って後から指標があったのか。っと気がつくのです。まあ実際に自分も昔はそうでした。っと言いたいところですが祝日で昼間トレードするときとかにすっかり忘れててやられちゃう時があります。

同じ時間でトレードしてても、指標を意識していなければ同じじゃん。って思うかもしれません。でも毎回同じパターンで失敗をしていると人間は学習するものです。

これが、ランダム的な失敗だと見につきにくいんですよね。そして失敗し続けて何で稼げないんだろう。もうダメだ・・。っと完全にメンタルが折られてFXから退場っという流れに。

■指標を武器にも出来る

ある程度指標で痛い目を見ると、対策がどんどん作られていきます。するとある程度失敗を克服した後は逆に指標発表後にどうやってトレードするかっという発想につながっていきます。

それに毎月指標の時間は固定なので数ヶ月トレードしていると指標の肌感がわかるようになるんですよね。

これが、ただ何となくトレードしていると、指標は怖い。指標の時はトレードしない。ってなってしまいますが、きっちり学びながらトレードすると最後には見方につけることができます。

FXはとにかく損をしないトレードを心がけていけば徐々に稼げるようになります。ぜひ同じ時間にトレードをして指標を昨日の敵は今日の友にして行きましょう。


スポンサーリンク