スポンサーリンク

FXでテクニカルの組み合わせを間違えない方法

FXでは沢山のテクニカル分析がありますし、インジケーターも沢山あるのでFX初心者さんはどれを使っていいか悩んでしまうと思います。そこでエントリースタイルでどうやって設定するかを簡単に見分ける方法をご紹介します。

■まずはざっくりテクニカルを2つに分けよう

テクニカルを2つに分けると順張り的なものと逆張り的な物に分けることができます。有名なやつでわけてみるとこんな感じ


順張りはトレンド系っていわれるものです。わかるのは相場の大きな流れ!方向感ってやつですね。

逆張りはオシオレーター系といわれてわかるのは相場の行き過ぎ感!売られすぎ買われすぎって言われるやつです。

■片方だけを沢山設定しても意味が無い

片方だけを使っても、結局計算の仕方が微妙に違うだけなので意味がありません。そこで順張りようと逆張り用をバランスよく組み合わせる必要があります。

そしてそれぞれをバランスよく設定したら自分の見る優先順位を作ることで自分のトレードスタイルが出来上がります。

例えばRSIとMACDとローソク足だけだと逆張りに偏り過ぎますし、移動平均線と平均足だとトレンド系に寄りすぎてしまいます。

■本やブログなどのトレード記事はチャートで何を使っているか観察してみよう

手元にあるトレード系の本を開いてみてください。そこからチャートが掲載されているページを開いて見てください。順張りだけ、逆張りだけといった形でテクニカルは偏っていないと思います。

テクニカルの組み合わせはこうやって少しずつ微調整しながら決めていくといいですよ


スポンサーリンク