スポンサーリンク

FXで手法が効かなくなった時は暗黙ルールが存在する

FXルールを守っているのに稼げなくなった。全く手法が効かなくなった。そんな時の焦りはとても辛いですよね。間違っていないはずがない!っと思っているからどうしていいかわからない。そんな時の対処法をご紹介したいと思います。

■暗黙のルールを掘り起こす

ルールは守っているかっというのは何も決めたことを破っていない。っということだけではありません。ルールを守るということは3つに分けられます。

やらなければいけないことをやっているか

やってはいけないことをやってはいないか
やっていないことはないか

この3つを確認する必要があります。ルールを守っているというのはエントリールールを守る。損切りと利確を守るということだけではないのです。

実はルール化していない暗黙のルールが存在していて、それを守っていない可能性があるんです。単純なニュースを見るという事かもしれませんし、トレードする時間かもしれません。

エントリールールと損切りと利確は直接のルールとして規定しているはずです。しかし、トレードをするという行為自体に付随したルールというのはなかなか文章として起こしていない可能性があります。

■ルールが正しければ先ずはそれ以外の習慣をリスト化する

うまくいっていた時と失敗し始めた時の生活習慣をそれぞれリスト化して行きましょう。良い事も悪いこともです。まずはこれだけやって寝ましょう。そして次の日にそれを比較するんです。

1日置くことで客観的に何がダメなのかを振り返ることができます。まずはダメなときは冷静さを失っているので客観的になる事が大事なのです。

EAを組んでいる人以外は注文は指値でもOCOでも入れるか入れないか裁量が無意識に働いているのです。なので絶対的なルールで運用しているとは思わず、ルールに微妙なほころびがあるかもしれないと疑ってかかりましょう。


スポンサーリンク