スポンサーリンク

FXで初心者が稼ぐコツはインジケーターの数値をいじらないこと

FXにはいろんなインジケーターがあってどれを使うか悩みますよね。今回はそんなFX初心者のかたが「どうしよう・・・。」っと悩んだ時に思い出してほしことをご紹介していきます。

■FX初心者はインジケーターをいじっただけで勝てる気持ちになる

人間は不思議なもので難しくなれば難しくなるほどなぜかソレが有益に思えてしまいますよね。例えば、移動平均線しか引いていないチャートと移動平均線+ボリンジャーバンドのチャートどっちが稼げそうですか?ってきいたらきっとほとんどの方が後者のほうが稼げる!っと思うかもしれません。

よく人は見た目が9割といいますが、チャートも見た目が9割で選んじゃう人が多いです。効果があるかは別としてそこにあるのは、「なんか稼げそう」っということ。まず初心者はこの感覚を捨てる必要があります。

■FX初心者はとにかくインジの数値をすぐに変えるのがダメ

最初は基本的な移動平均線を3本。ボリンジャーバンド・MACDにRSI、あそはストキャスティクスぐらいでしょうか。とにかくこれを表示させる人がほとんどだと思います。そしてなんか勝てそう!!っというイメージでトレードしてそこそこ稼ぐ。そして、うまく行かなくなったらパラメータを変更して自分の都合のいいように変更する。

大体この繰り返しで資金が減っていくと思います。

別にパラメータを変更するのが悪いと言っているわけではなく、闇雲にパラメータを変えて結局何が良かったか何が悪かったかを検証することなく次に言っちゃうんですよね。

負けトレードという臭いものいふたをするっっということですね。

■最初は表示するかしないぐらいで検証をしよう

FX初心者はとにかくインジケーターを増やすことには一生懸命ですが減らすっということをやらない人が多いんですよね。だから一度画面をみてたくさんあってわかりにくいんじゃないか?っと自分に問いかけてください。

そして1個消してみると、今まで意識が複数のインジケーターに向いていたのが、数が減ることによってより注視して見ることができます。

本当は最初は1個ぐらいで検証して色々そのインジの癖などをメモったりしておいて次のものに変えていくっという事をしていくことで自分に本当にあったインジを見つけることができます。

かなり地道な作業です。でも。FXはとにかく人より優位性を持つことで稼げるようになるので自分にあったインジケーターを1つ見つけることで初心者から抜け出すことができます。

そして自分にあったインジケーターを見つけてからそこから最適化するためのパラメーターを変更する作業が始まるわけでございます。


スポンサーリンク