FX初心者 未設定

FXを効率よく学ぶ3つ工程

FXには正解がありません。自分で方法を考えて自分で実践して自分だけの答えを出す作業になります。これは今まで学校で習ってきた勉強や仕事などのやり方とは全く別ではないでしょうか。そもそも「どうやって勉強したらいいのか。わからない!」っという人も多いと思います。※自分もそうでした。

そこで今回は勉強の仕方を3つの工程にわけてご紹介します。

■1つ目:とにかく情報をインプットする

最初は全く知識がないのでとにかく勉強をして何でもかんでも情報を入れて行きましょう。5冊程度を何度も何度も繰り返し読んでみると思います。通常の資格の勉強だったらとにかく1冊をボロボロになるまで読みこむのが効率がいいですが、FXは人によって書いてあることが違うので複数の本から知識を貯めこむのがいいです。

ここで意識しておくと良いポイントは本ごとの共通点はどこか、本ごとの違う点はどこか。っということだけは意識しておきましょう。あとはとりあえずとにかく知識を突っ込みましょう。

■2つ目:情報をとにかくアウトプットする

情報が大量に入ってくると情報がグッチャグチャになります。最初のうちはわかっていたことが新しい知識が入ることで情報の選択パターンが増えてもうやだ!わかんない。ってことになります。俗にいうスランプ期ですね。

なので、ある程度情報が集まってきたら今度は一切情報を入れずにそれをアウトプットして整理しましょう。情報の交通渋滞を解消させてスムーズにさせる必要があるんです。これはノートでもいいしPCでもいいし、とにかくまとめることだけを行いましょう。

大事なのはここでは情報を新しく入れないこと!そのため情報の流入口をシャットダウンさせて一切見ないことです。

■3つ目:情報を取捨選択する

つくったノートや資料から今度は情報を捨てていく作業が必要です。まとめた内容はあくまで今まで集めた情報を体系的に自分がわかりやすいようにまとめただけなので無駄な情報を必要な情報があります。その中から本当に大事な情報だけを更にまとめていく作業が必要です。

ここで自分がよく言うのは「捨てる勇気」です。

勉強をしたことを捨てるには勇気が必要です。でも何でもかんでも使ってしまうと結果的にワケがわからなくなります。最初はとにかく捨てましょう。そしてその中から残ったものを大事に使いましょう。

ここでのポイントは残ったものがトレードルールの基礎部分となるところです。一番最初に作った自分の資料は今後の自分のトレードするときの振り返り資料になります。これがあれば悩んだ時も自分のトレードが初診の頃からぶれてないかなという判断につながります。

どうだったでしょうか勉強の3つの工程は、これは1回で終わるわけではなく、ある程度時間がたったら新しい情報をゲットして2つめの工程の資料に追加する。そして3つ目を実行するということで除々に自分の知識レベルが上がっていきます。これをすることで実はいらないと思っていた情報がやっぱりすごい内容だった!という再認識をすることができます。勉強したことは無駄になりません。

ぜひ皆さんも勉強するときはこの3つを意識してみてはいかがでしょうか

-FX初心者, 未設定
-

Copyright© FXメンタルトレード術を極めるぞ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.