スポンサーリンク

しろふくろうのPIVOTトレード術のFX本で手法を作ったのでレビューしておく

今回のFX本のレビューはFXの最強テクニカル「しろふくろうのPIVOTトレード術」をご紹介します。っという訳で今回もダンボーさんとスナップショット



■PIVOTをメインに使うFXトレーダーは買うべき

自分はとにかくすべての手法をPIVOT中心に組み立てています。そのためこのブログでも頻繁にPIVOTの使い方や手法はちょいちょい記事にしています。

この本の前半は主にPIVOTの説明と計算方法などが書かれています。後半は実際にトレードの具体的な方法が書かれています。そのためPIVOTってなに?って人もはじめから読めます。じゃあ中級者はあまり使えない?って思うかもしれませんが、前半部分は説明とPIVOTにおける各レジサポの確率が乗っていますのでそこよ読みましょう。

■過去1000日分のPIVOT分布の確率が便利

正直この本に乗ってる手法とかは別に自分にとってはどうでもいいかんじです。PIVOTは基本逆張りとか書かれている時点で全く読む気がなくなって途中で読むのをやめました。そこで逆にきっちりPIVOTをベースに確実に安定して稼げる方法ってないかな初心者でも数分で理解できる手法って無いかなって思ったところこの本の確率部分を読みなおしてみたところいろんな発想が湧いてきたのです。

2ヶ月ぐらい手法作るのにはかかり過去のバックテストでも安定したので改めて成績をご紹介したいと思います。

■デメリットとしてはフィボナッチPIVOTを使っている

FX会社にもよるんですが、PIVOTの計算がひとによって計算方法がびみょーに違ってましておそらくFX会社でフィボナッチPIVOTがあるところと無いところがあるんじゃないかなって思います。

そうすると実際に使うときは困っちゃったりするのでMT4のインジが必要になるんですが、まあその辺の説明も後半に書かれていますが、FX初心者は最初はわからないかもしれません。その際はこのブログのメタトレーダー4のダウンロードと使い方などをご覧いただければと思います。

あとは中古の本だとデータが間違ってたりするので出来れば新品を買うといいと思います。中古だとamazonで定価の半額で売っているので取り敢えず読むだけならって人ならいいと思います。



こんな記事も書いてます
FX本おすすめ初心者が読まなければいけない本とは
スポンサーリンク