スポンサーリンク

yahooID流出はFXトレーダーには重大な事件だと認識すべき理由

5月16日にyahooIDを管理しているサーバーに不正アクセスがあり最大2200万件のIDの流出の可能性があります。yahooとしての見解は流出したことに対して否定は出来ないとのこと。

そこで今回はyahooID流出についてFXトレーダーにとってもかなり重大な事件なので必ず読んでほしいものであります。

■yahooIDは任意で使えるのでもしかしたら使い回ししてるかも

yahooIDを持っているかもしれない。と思っている人は絶対に注意した方がいいです。なぜならyahooIDはユーザーが自由に決められるものです。っということはそのIDをいろんな箇所で使い回しをしている可能性があります。

メールアドレスや各種サービスのIDと共通にしていたり、まさかと思いますがそれを別のサイトのパスワードとして利用していたり・・・・。

っとなった時にFXトレーダーが気をつけなければいけない点は以下サービスで同様のものを使っていないかというチェックが必要です。


  • 銀行のネットバンク
  • FX会社
  • メールアドレス
  • amazonや楽天などのECショッピング

このへんのサービスの登録にyahooメール使っていたり同様のIDを設定していたら速攻変更しておくべきです。

yahooIDがわかったらパスワードを総当りされてメールが閲覧できてその中に各種銀行やFX会社の登録メールが有った場合そこからさらに不正アクセスが可能になってしまいます。

こんな感じでたかがIDでも一度漏れてしまうとネットは恐ろしいものとなります。とくにPCでFXや株などをやっている人は気をつけて!

■yahooIDが漏れているかの確認方法

まずは以下URLにアクセスしてください。そうするとログインを求められるのでログインをしましょう

Yahoo! JAPAN IDの状況確認はこちら
http://docs.id.yahoo.co.jp/confirmation.html

そしてログインをして見ると次のようなページになります。


ふぅっぅぅあぶない俺の場合は不正アクセス対象外でした。セーフですよかった。とあれ最近はIDパスを順次変えているので漏れてもセーフな状態ですがね!

半年に1回とは言いませんが1~2年に1回はパスワードは常時変えて行きたいものですね。


スポンサーリンク